指向性にこだわりたい方におすすめ! WLX313 ショートポールアンテナ

指向性にこだわりたい方におすすめ! WLX313 ショートポールアンテナ

2023.03.27

こんにちは!SCSKのようこです。

今回は、2023年3月1日からよりお求めやすくなり注目を集めている ヤマハ 無線LANアクセスポイント WLX313 の特長の一つ「ショートポールアンテナ」について紹介していくのですが、そもそも、WLX313に標準で同梱されているこちらのアンテナをご存じでしょうか?
以前、SCSK ネットワークプロダクト第一部のTwitter公式アカウントでアンケートをとったところ、約46%の方がまだご存じないとの結果でした。ぜひ、本記事で魅力と活用方法をチェックしていただければ幸いです。そもそも指向性とは何か、アンテナの役割なども解説していますので、これから初めて無線LAN環境の設計構築をする方にもお役に立てる内容になっていると思います!

【ヤマハ無線AP価格改定】 WLX212/WLX313がお求めやすくなりました!

そもそも指向性ってなに?指向性アンテナとは!

そもそも「指向性」とは、音波や電波などの波動がある方向に強く集中する性質のことです。
例えば、スピーカーから流れてくる音はその向きによって音の伝わり方が変わりますよね。スピーカーの正面側が最も音が良く聞こえるはずです。それは、スピーカーの内部の振動板から放射される音圧波が、正面方向に最大になるよう設計されているからです。
同じように、Wi-Fiの電波にも指向性があり、無線LANアクセスポイントからの方向によって電波が強く飛ぶ方向とそうでない方向があります。それらを特定の方向に強く電波を飛ばすようにコントロールするのが「指向性アンテナ」なのです。

WLX313には2つのアンテナがある

もともとWLX313は、天面(ヤマハロゴのある面)方向に対して電波の指向性を持つように設計されています。これは「内蔵アンテナ」と呼ばれるアンテナの働きです。
この内蔵アンテナの指向性は天井や壁にWLX313を設置した際に効果的です。

内蔵アンテナの設置イメージはヤマハ技術サイト内、WLX313 技術資料で紹介されています。
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/AP/docs/wlx313/antenna.html#%E5%86%85%E8%94%B5%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A%E3%81%AE%E6%8C%87%E5%90%91%E6%80%A7

そしてもう一つ、WLX313には今回ご紹介するショートポールアンテナが付属品として同梱されています。こちらは、内蔵アンテナとは違う指向性にカスタムすることができます。このように、アンテナの軸に対して同心円方向に電波が広がっていくのが特徴です。

ヤマハの開発者に聞いた!
WLX313 ショートポールアンテナの魅力

ショートポールアンテナは、ヤマハのWLXシリーズの中でもWLX313にのみ搭載されている付属品です。(ちなみに、WLX313より新しいモデルは、内蔵アンテナの指向性のモードを切り替えて利用できるように作られています!)

当時、WLX313の開発担当をされていたヤマハの秦さんに、ショートポールアンテナのこだわりを伺ったところ、どうしても電波の指向性に偏りが出てしまう一般的な無線APに対して、WLX313のショートポールアンテナは、同心円状方向に綺麗に指向性が出るように開発できたため、より電波設計がしやすくなっているとのことです!また、こんな場面でこう使うのがおすすめ、とユースケースも2つ伺いました。

左がヤマハの秦さん。写真はWLX222発売記念YouTubeライブ時。
現在はヤマハ無線APの企画を担当されています。

WLX313 1台により多くの端末を繋げたいとき

WLX313はトライバンドであるのも大きな特長です。この利点を活かして、WLX313 1台に多台数の端末を接続できるようにするには、より広く電波を飛ばすことが大切ですよね。そんな時は、天井に設置したWLX313に対して垂直方向にアンテナをつけましょう。内蔵アンテナよりも側面方向により広く電波を届けることができます。

天井設置のイメージ図です。ショートポールアンテナを垂直方向にすることで、より広い範囲に電波を届けます。
また、背面方向(天井)へはほとんど電波が飛びません。指向性を活用することで電波を効率的に届けることができます。

頻繁なレイアウト変更にも最適!卓上利用時のすすめ

最近のオフィス環境では、レイアウト変更が盛んなケースも。その場合、壁などの障害物の影響を受けやすい無線APを壁や天井へ固定して設置するのを避け、キャビネットの上や卓上に無線APを置かれていることも多いのではないでしょうか。WLX313は、卓上スタンドも付属品として同梱していますので、卓上利用の際はぜひ使ってみてください。そして、ショートポールアンテナを筐体と同じ方向に天井に向かって取り付けましょう。すると、WLX313を中心に円状全方向に電波が飛ばすことができます。内蔵アンテナと違い、機器の背面方向にも電波を飛ばせるのが特徴です。

卓上設置のイメージ図です。内蔵アンテナの方向とは関係なく、ショートポールアンテナを中心にフロア全体に電波が広がっていきます。

ちなみに、卓上スタンドには、ミラーがついてるので、機器をひっくり返さなくてもランプの状況が確認できますよ!出荷時には保護フィルムが貼られているので、剥がして使ってくださいね。

最後に

WLX313のショートポールアンテナを使うと指向性のカスタマイズの可能性が広がると知っていただけたでしょうか。もちろん、内蔵アンテナ利用時と比べて電波が飛びにくくなる方向、到達距離が変わってきます。設置環境や場面、用途に応じてアンテナを賢く使い分けていきましょう!

ヤマハ技術サイト(RTpro)にて指向性の観測データやショートポールアンテナ、卓上スタンドの取り付け方法が紹介されていますので、合わせてご参考くださいね!

WLX313技術資料より
・アンテナ指向性 http://www.rtpro.yamaha.co.jp/AP/docs/wlx313/antenna-radiation-pattern.html
・設置方法とアンテナ選択 http://www.rtpro.yamaha.co.jp/AP/docs/wlx313/antenna.html

WLX313設置ガイド http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/manual/wlx313/Installation.pdf

Special Thanks

ヤマハ株式会社 秦 佑輔

ようこ
著者の記事一覧

著者

ようこ

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト第一部 ようこ@SCSK (@yoko_scsk) / Twitter

関連記事

  •  
    なかせのコラム ヤマハのコラム 更新情報

    ヤマハ株式会社が「Interop Tokyo 2023」に出展!SCSKも参加予定です!

  •  
    さくらのコラム ヤマハのコラム 更新情報

    ヤマハ出展の「第14回 EDIX(教育総合展)東京」 訪問レポート

  •  
    おがわのコラム ヤマハのコラム 技術コラム

    ヤマハNWファンミーティング2023 Spring @Youtubeライブ アンケートQ&A その3

  •  
    かとうのコラム コラム はじめてのヤマハUTX ヤマハのコラム 更新情報

    はじめてのヤマハUTX 第3回 ~UTXシリーズ紹介②~

  •  
    かとうのコラム コラム はじめてのヤマハUTX ヤマハのコラム 更新情報

    はじめてのヤマハUTX 第3回 ~UTXシリーズ紹介①~

  •  

    公式 YouTube
    チャンネル

  • facebook
  • Instagram
  • Instagram

カテゴリーから記事を探す

評価機のご依頼

ネットワーク機器の
評価機のお貸し出し

構成のご相談

ネットワーク機器を
活用した構成のご相談

製品 ご導入事例の募集

ご導入事例について
ご紹介させて頂ける方